イベント報告/水土里の530(ゴミゼロ)DAY

 海と日本PROJECT in 秋田県

ゴミの除去により、きれいな水で農産物を生産することができるようになり、その水は、やがて海に流れていく-。

5月30日、全県の水土里ネット秋田が「水土里の530(ゴミゼロ)DAY」を実施しました。水と土と里は、つながっている。目の前のゴミを拾うことは、巡り巡って、山を、川を、海をキレイにすることにつながる-。

ゴミをゼロにする「水土里の530(ゴミゼロ)DAY」活動は、私たちにあらためて、環境の連鎖を教えてくれています。

 

水土里の530(ゴミゼロ)DAY

  1. 柴田康二郎 理事長
  2. ゴミ拾いの様子 5月30日(月)場所:平鹿
  3. ゴミ拾いの様子 5月30日(月)場所:平鹿

 

環境への配慮などを目的に水土里ネット秋田の職員約300人が活動しました。

この活動が多くの県民に伝わり、いつまでもきれいな水に親しむ日常であることを期待して、全県各地で活動が続けられています。

イベント名水土里の530(ゴミゼロ)DAY
参加人数300
日程5月30日
場所秋田県全域
主催水土里ネット秋田

関連記事

ページ上部へ戻る