番組動画#27 ~秋田港うどんの自販機編~

 海と日本PROJECT in 秋田県

「海と日本プロジェクトin秋田県」推進リーダーの相場詩織です!

今年の7月5日から10月14日までの約3か月間、毎週月曜~金曜日(午後4:20~4:50)「げつ→きん420」でO.A.してきました「海と日本プロジェクト in 秋田県」コーナー。

第27回目は、2016年3月末で閉店した佐原商店です。

1958年創業した同店は、半世紀以上も秋田港に入港する船に食料や衣類、日用品などを提供してきました。
お店の前にはうどん・そばの自販機があり、40年以上にわたって人々に親しまれてきたことは、ご存知の方も多いかもしれません。
ドキュメンタリー番組に取り上げられたのを機に、全国各地から来るお客さんの姿も!
閉店後は道の駅 あきた港が引き継ぎ、現在では、セリオンリスタにて販売しているんですよ☆

※9月より、販売価格が250円になりました。

 

「海と日本プロジェクト in 秋田県」コーナーは、10月14日(金)O.A.分の第30回で最終回を迎えました。

番組動画は、下記のページから、ひきつづき、ご覧いただけます!

「海と日本プロジェクト in 秋田県」公式Webサイト(番組情報ページ)

YouTube「海と日本プロジェクトチャンネル」(秋田県ページ)

ぜひ、チェックしてみてくださいね☆

 

 

● 「海と日本プロジェクト」とは

島国「日本」で生きる私たち。

海は、そんな私たちの食&職を支えてくれるだけでなく、ワクワクする楽しさや、心の安らぎを与えてくれる存在です。

そんな身近で大切な存在である「海」ですが、環境の悪化などが進む現状を私たちは、日々の暮らしの中で、どのように感じているでしょうか。

私たちの暮らしを支えてくれる海の現状を「自分ごと」としてとらえ、美しく豊かな海を未来へと引き継ぐため、そのアクションの輪を広げたい-。
「海と日本プロジェクト」はこうした想いからスタートし、日本財団、国土交通省、総合海洋政策本部(日本政府)が旗振り役となって行われているオールジャパン参加型プロジェクトです。

関連記事

ページ上部へ戻る