【おすすめスポット@男鹿】光と波の神秘的な響演「カンカネ洞」

 海と日本PROJECT in 秋田県

かつての噴火による溶岩が、波によってえぐられ洞窟になった「カンカネ洞」。

 

その昔、海岸沿いの街道の難所として知られ、

洞窟の絶壁にカギを架けて上り下りしていたという。

その「カギカケ」が変化して「カンカネ」と呼ばれるようになったという。

 

男鹿半島で最大の高さを誇る洞窟内は、

空から差し込む光と、波の音が響き、神秘的な空間。

 

取材協力:男鹿ブロ/男鹿市教育委員会 生涯学習課 ジオパーク推進班

イベント名【おすすめスポット@男鹿】光と波の神秘的な響演「カンカネ洞」

関連記事

ページ上部へ戻る