秋の旬!知る人ぞ知る「黄金ハタハタ」が旨い!

 海と日本PROJECT in 秋田県

皆さん、秋田の「ハタハタの旬は秋と冬」2度あるという事実、知っていますか?

秋田では、冬の風物詩として親しまれてきたハタハタですが、

実は、卵をはらむ前の時期である10月ごろの、

黄金色に光るハタハタが、脂がのり、実に旨い!といわれています。

 

知る人ぞ知る、秋の「黄金ハタハタ」。

その姿は、美しい黄金色を放ち、

焼いてよし!煮てよし!の万能さはそのままに、

身は、脂がのって、ふっくらとやわらかい。

山陰地方では6~9月ごろに獲れる「黄金ハタハタ」を干物にしますが、

これもまた美味だとか。

冬のハタハタとは、見た目もお味も、違うんです!

 

背中やひれのあたりが、内側から光り輝くように黄金色に染まる「黄金ハタハタ」。

美しい黄金色が、画像で伝わりにくいのが、なんとももどかしいですが、

保存状態や鮮度によって、大きく左右される黄金色は、鮮度の証でもあります。

 

神の魚といわれ、古くから秋田で愛される「ハタハタ(鰰)」。

まだ、私たちの知らない「ハタハタ(鰰)」の魅力がありそうです。

イベント名秋の旬!知る人ぞ知る「黄金ハタハタ」が旨い!

関連記事

ページ上部へ戻る